2015年12月15日

桑の葉の糖尿病サプリメント


 桑の葉サプリメントは、糖尿病の改善に効果が期待できるといいます。桑の葉には小腸での糖の吸収を穏やかにするDNJという成分が含まれています。


二糖類から単糖類になってから、炭水化物などは小腸で吸収されているといいます。DNJは二糖類が単糖類に変わるスピードをゆっくりにする作用があるので、吸収率がゆるやかになるというわけです。


それ以外にも、桑の葉に含まれている栄養素には、ビタミン、ミネラル、各種のフラボノイドなどがあります。食後に桑の葉サプリメントを使うことで、食事後の血糖値の上がり方をゆっくりにしたり、中性脂肪値があがらないようにすることができます。


糖尿病の症状に対しては、桑の葉のDNJからつくったサプリメントを飲んでいる人もいます。桑の葉茶の味は独特のクセがあり、苦手とする人もいるようです。


錠剤型のサプリメントであれば味を気にかけずに摂取することができます。最近は様々な桑の葉茶が出ていますので、テイスティングをして好みの味を探してもいいでしょう。


糖尿病に対してサプリメントを使う場合は、小腸の酵素の働きを抑えるために桑の葉サプリメントは食前に飲みます。いつものお茶を桑の葉茶にするのもいいやり方といえます。糖尿病サプリメントは、まだ疾患が本格的になっていない人にとっていいものです。



posted by p-tea at 11:22| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。