2015年11月04日

ダイエットに効果的なお風呂の入り方


 お風呂で何をするのかも、ダイエットを達成するためのポイントになっています。お風呂では発汗作用が促されるために体重を減らすことができますが、その他にも方法があります。


お風呂にずっと入っているとカロリーを使えると思っている人がいますが、さほど多くのカロリーは使いません。お風呂をダイエットに活かすには、一朝一夕の効果を狙うわけではないので、コツコツと継続することを心がけていきましょう。


デトックスのために、どんどん汗をかくことが、お風呂ダイエットでのポイントです。まとまった時間はお風呂に入り続けることが、汗をかくためには大事です。風呂場でのぼせないように、ぬるい湯を張っておきましょう。


短くても20分はお湯に体を沈めておくことで、体の中心軸まで熱が行き渡るようにしましょう。長時間の入浴は心臓に負荷がかかってしまいますので、たとえダイエットのためとはいっても、無理なことはしないようにしてください。自分はどのくらいの入浴がちょうどいいのか、湯船に体を沈めている時間や、最適温度などを摸索していきましょう。


ダイエット効果を得るためには、じっくりとお風呂に入り、血流を改善し代謝をよくすることです。ダイエットが思うように進まないなどで精神がささくれ立っている時も、お風呂のひとときは心癒やされます。


代謝を高めて新陳代謝を促進し、ダイエット向きの体質になるためには、お風呂に入って十分に発汗を促すことが効果的です。



posted by p-tea at 11:42| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする