2015年07月23日

ダイエットと断食


 多種多様なダイエット方法が世間にはありますが、近年、多くの人が実践している方法の一つにプチ断食があります。プチ断食ダイエットとは、断食を3日か4日程度の短いスパンで行うというもので、高いダイエット効果があるといいます。


ダイエット期間がごく短いので、長期間にわたるストレスにたえながらダイエットをするということをしなくても痩せることが可能です。ダイエットとしてのプチ断食は、政治的な主張や、宗教的苦行の断食とは違うものです。


何週間もつづけるような断食は、体によくありません。無理をして断食をすると体を壊してしまったり、リバウンドし易い体になってしまうこもと考えられるので、あまりおすすめできません。


ダイエットは短期間で一気にするのではなく継続する事で、ゆっくりと体重を落としていく方が体への負担も少なく、理想的なダイエット方法です。けれども、ダイエットをずっとしていると、その分運動に取り組む時間も長くならざるをえませんし、食べたいものが食べられない日々が続きます。


いくら体重を減らすためとはいっても、ダイエットはストレスになって嫌だという人もいます。ストレスに対処せずにダイエットを続けていると、精神的な抑圧が予想外の方向に噴出する可能性もあります。


ずっとダイエットをしていると、空腹のストレスから過食が抑えきれなくなって、結果的に前以上の肥満になったという人もいます。ダイエット時のストレスは、ダイエットに失敗する一番の原因でもあるので、無理なダイエットは禁物です。


断食ダイエットであれば、数日の短い期間だけ、食べたい物を我慢すれば良いので、成功しやすいダイエット方法となっています。



posted by p-tea at 17:24| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。