2015年06月04日

断食ダイエット


 断食によるダイエットは、ただ体重が減るだけでなく、色々なメリットが期待できるとされています。ダイエットに断食を使うことで、体の中にある不要な成分を排出することができます。


人間の体は、食べたものからエネルギーや栄養素を得ています。そして、食べてから約18時間後に、不要になった成分を体の外に出します。体重の推移は、1日にどのくらいのカロリー摂取をして、1日にどのくらいのカロリー消費が行われているかで、バランスがとれているといいます。


食べる量が多いのにも関わらず、運動不足などで消費エネルギーが少ない場合には、体内にエネルギーが余ってしまいます。消費されずに体内に溜まったエネルギーは外に排出する事ができません。


使い切れなかったカロリー分は、場合によっては体を蝕む要因になってしまいます。断食ダイエットがデトックスにいいとされているのは、体の中を断食によって一旦リセットすることで、不要な成分を体から出し切ることができるためです。


食べたものを消化するために酷使し続けていた内臓に休息を与える効果も、断食によるダイエットにはあるといいます。胃腸からの消化吸収に負担のかかるものをしょっちゅう食べているような人は、胃腸が疲弊し、消化力が低下している可能性があるといいます。


断食によるダイエットは、体重が減る効果だけでなく、食べ物の量が制限される為、消化器官を休ませる事ができます。断食が終わった後は、体重が減ることはもちろんのこと、消化器官の調子が良くなっていることも実感できるはずです。


posted by p-tea at 11:22| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。