2015年03月04日

炭水化物ダイエットとは


 炭水化物ダイエットというのは、糖質制限ダイエットとも呼ばれています。炭水化物を制限した食事内容にする事で、ダイエットをする方法です。

 炭水化物ダイエットでは、炭水化物を含まないか、少量の炭水化物だけを使った食事をします。食事の半分に相当する炭水化物をなくすことで、食事で摂取するカロリーの量を抑えて、ダイエットの効果を向上させる狙いがあります。


炭水化物は体内で糖質になるため、糖質を制限するダイエットという認識をしている人もいます。炭水化物を体内に取り入れると、血糖値がアップします。


パンやご飯などの炭水化物を大量に摂取すると、血糖値がアップして、体内に蓄積されている栄養が脂肪になりやすくなります。一定時間が過ぎると、急激に血糖値が下がります。血糖値が下がると、体が糖分を必要とするので、空腹を感じるようになります。



 炭水化物ダイエットというのは、食事のカロリー量を減らすためだけでなく、血糖値が急激に上下するのを防いでくれるので、空腹感を感じにくいので、食べる量を抑えることが可能になります。


ダイエットをしている時には、血糖値の上がり方をゆるやかにして、脂肪がつくられにくい体質にしておくことがポイントです。


血糖値が上がりにくくなることから、脂肪が増加しにくくなることが、炭水化物ダイエットのいいところです。炭水化物を減らそうとしても、ご飯やパンでない時は、ラーメンやうどん、そうめんなどで、いずれの場合も炭水化物をたくさん含みます。


炭水化物ダイエットとまではいかずとも、炭水化物が少なめの食事を意識することによってダイエットの効果が実感できるようになりますので、食事の中でできることを確認してみてください。


posted by p-tea at 10:33| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。