2014年12月08日

リバウンドしないダイエット法とは?


リバウンドのメカニズムがわかれば、ダイエットを行う時にリバウンドを回避しやすくなることでしょう。人体には、摂取したカロリーのうち消費したい分だけを使い、余った分は体脂肪にするというメカニズムを持っています。



 リバウンドを起こさない為には、代謝を下げないようにすることが大切です。そして、カロリーが脂肪になりにくい状態を意識することです。食事制限が主体となるダイエット、単品ダイエットや置き換えダイエットは、そのメカニズム上どうしてもリバウンドしやすい方法です。



 ダイエットがうまくいくには、カロリーを減らすことばかりではありません。カロリー制限はほどほどにしましょう。健康な体を維持するためにはどのくらいのカロリー摂取量がいいかは、性別や年齢、日々の生活でどのくらい体を使うかによります。



 代謝を上げるためには、運動不足を解消するための取り組みが必要です。リバウンドをしない程度の食事の量を維持しながら、ダイエットをしましょう。


精神的なイライラをためながら、食べたいものを食べずにいると、気持ちが続きません。食事制限をしすぎると、いらいらしたり、夜に眠れなくなるという人もいます。


ですから、1週間から10日に1回ぐらいは、好きな物を食べても良い日などを作るなどメリハリがあるダイエットをするとよいかもしれません。



 たくさん食べなくても脳が納得するように、噛む回数を増やしたり、ゆっくり時間をかけて食べるという方法があります。リバウンドのメカニズムを考えると、一口食べたら箸を置くくらいのつもりで、ゆっくり食べると自然と食事の量も少なくなります。


posted by p-tea at 10:50| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。