2015年05月25日

内臓脂肪を減らす効果がある食事


 もしもダイエットで内臓脂肪を燃やしたいならば、食習慣を見直すことが重要です。どんな風に食事を改善することが、内臓脂肪ダイエットにつながるのでしょう。


内臓脂肪ダイエットのための食事の基本は、1日3食しっかり摂ることです。食事を抜くとその分体はより脂肪を溜め込もうとしてしまいます。きちんと3食食べることで内臓脂肪を減らすダイエットができるでしょう。


食事での塩分を控えめにすることも内臓脂肪ダイエットのためには重要です。塩分を過剰に摂取すると、高血圧の要因にもなりますので、避けたいものです。内臓脂肪の減少効果のあるダイエットのためにはなるべく塩分の少ないメニューを摂るように心がけましょう。


ダイエットで内臓脂肪を減らすには、野菜、きのこ類、海藻類を食材として多用する食卓にするよう心がけましょう。歯ごたえがあって自然と噛む回数が増え、カロリーが低く、ミネラルやビタミン摂取に役立ちます。



 内臓脂肪ダイエットのためには、油分、脂分の摂りすぎは厳禁です。マーガリンやマヨネーズ、お肉などを摂るときには要注意です。できるだけ油を取らない生活を続けていると、自然と内臓脂肪が減るためのダイエットができます。


砂糖をたっぷり使った甘いものも内臓脂肪を蓄積する原因です。お菓子やスナックもそうですが、コーラやジュースなど清涼飲料水にも砂糖はたくさん使われています。


毎日の食事に少し気を使って上手に内臓脂肪を減らす効果のあるダイエットをしていきましょう。



posted by p-tea at 17:17| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

しそ酢ダイエット


最近は、多様なダイエット方法が編み出されていますが、しそ酢のダイエットもその一つです。黒酢にしその汁を入れたものが、しそ酢です。なぜ、しそ酢にはダイエット効果があるのでしょうか。


しその葉にはロズマリン酸というポリフェノールがたくさん含まれていて、糖や脂肪の消化や吸収を抑える働きがあります。しそ酢ダイエットに効果がある理由です。


体内に摂取された炭水化物は、麦芽糖になり、それからブドウ糖になります。麦芽糖からブドウ糖に変わる時に必要な酵素にロズマリン酸が作用します。


ブドウ糖に分解されなかった麦芽糖は、そのまま体外へ排出されます。蓄えられる脂肪が減少するだけではなく、血糖値の上昇を抑えることもできます。結果的にインシュリンも少なめになりますので、脂肪がつきづらい体質になることができるでしょう。ダイエットにしそ酢を飲むのは、このような理由からです。


しそにはカロチンも豊富に含まれているので、血液をサラサラにしたり免疫力をアップする効果もあります。しそは、ダイエットだけではなく、健康にも良い食品なのです。しそが体にいいだけでなく、黒酢は代謝を促進し、便秘の解消にも役立つと言われています。


しそと黒酢の良さを組み合わせたしそ酢を、ダイエットに活用しましょう。しそ酢を上手に活用してダイエットを健康的に進めましょう。


posted by p-tea at 16:57| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

キャベツダイエット


 様々なダイエット方法がありますが、中でも人気の高い方法にキャベツのダイエットがあります。キャベツをどう使うことで、ダイエット効果を上げることができるそうです。


キャベツによるダイエット方法は、キャベツを小さくカットして、生のまま食事の前に食べる方法です。キャベツは千切りではなく、ざく切りにするのがポイントです。1日3回の食事の前にキャベツを食べるだけなので、誰でもカンタンに出来るダイエット方法です。


みじん切りや、千切りのキャベツだとたくさん噛む必要がなくなるので、あえて大きく切ります。キャベツダイエットで大事なことは、良く噛んで食べることで脳の満腹中枢を刺激し、食事の時食べ過ぎるのを防止することなのです。


キャベツをよく噛んで食べる作業を、食前に10分くらい行います。咀嚼をきちんとした食事をすれば、1〜2時間は食事の後もお腹いっぱいな感覚が継続します。ノンオイルのドレッシングで味に変化をつけてもいいですが、油分の入ったドレッシングはカロリーがあるのでやめましょう。


油がなければ塩でもレモンでもしょうゆでも、なんでも好きな味つけすることで、飽きることなく長続きします。食事の時以外でも、お腹がすいたらいつでもキャベツを食べてOKです。


間食を減らせるのでよりダイエット効果が期待できます。いくら食べてもいいところが、キャベツの嬉しいところです。どんな人でも簡単にできるダイエット方法です。


効率的に痩せたい人は、ぜひキャベツダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。


posted by p-tea at 09:42| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

ダイエットに活用できるサプリメント


 サプリメントを上手に活用すればダイエットをスムーズに進めることができるようになります。
年をとると、人間の体は代謝が低くなり、カロリーが燃えにくくなって余った分を体脂肪に回します。ダイエットにサプリメントを用いる場合、脂肪の燃焼を促進する成分を摂取して、ダイエット向き体質になるというやり方があります。


食事は生きるために必要なことなので、体はおいしいものやカロリーの高いものを摂取したがる傾向にあります。けれども、1日で使い切れない量のカロリーを食事で摂取していると、余剰のカロリーは体脂肪となって体内に蓄積され続けます。


体脂肪が増えて、肥満体型になったらダイエットが欠かせませんが、ダイエットをする時には心がけたいことがあります。ダイエット中でも、健康維持に必要な栄養摂取はしっかり行い、必要なカロリーは食事で確保しましょう。


摂取エネルギーを増やさないためには、自分に必要な1日のエネルギー量を把握して、食事内容をきちんと把握して、必要なエネルギー量を超えないように注意しましょう。



 食事の塩分使用量も、ダイエット中は大事です。塩分は健康にも関係していますが、ダイエットの時も無関係ではありません。体の中の塩分量が多くなりすぎるとむくみが起きやすく、体重が減少しにくくなってしまいます。


ミネラルは不足しがちな栄養成分ですが、体の新陳代謝を高めたり、バランスを取りやすくするために必要なものです。ダイエットをスムーズに進めるためには、代謝を保つために体に必要なミネラルを確保することです。


ミネラルを多く含む食事を心がけていきましょう。体が必要としているミネラルを全て食事だけで摂取しようとするとなかなか大変です。サプリメントを上手に使って、ダイエットに役立てていきましょう。


posted by p-tea at 09:14| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

肥満は脂肪細胞が原因


 多くの人を悩ませる肥満の原因は脂肪細胞です。脂肪細胞を体内に蓄えておくことによって、しばらく食料が手に入らない日があったとしても、人は生きていくことができるのです。


炭水化物や、たんぱく質よりも、脂肪のほうがエネルギーが豊富です。この脂肪を貯めておくのが脂肪細胞です。体に入ってくる栄養が多いと膨らみ、少ないと縮むようになっています。


幼少時は、成長に伴って脂肪細胞は増加します。ですが、成人してからは、脂肪細胞が増えたりはしません。



 脂肪細胞には褐色脂肪細胞と、白色脂肪細胞があります。肥満に関係するのは白色脂肪細胞です。褐色のほうは肩甲骨の周りや首筋などに僅かにあるだけですが、肥満の防止に役立ってくれます。細胞内に存在するたんぱく質の働きによって、脂肪の燃焼を助けてくれる役割を持っています。


肥満になりにくい体質になるためには、褐色脂肪細胞をふやすことです。増やすためには運動が必要です。そして、寒さも効果があると言われています。ある研究報告によると、一定の寒さの中にいることによって、褐色脂肪細胞に変化する白色脂肪細胞があるということが、注目されているようです。


ダイエットをうまくやり遂げるためには、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞の性質を理解することです。


posted by p-tea at 09:19| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

痩せる方法とその選び方


 痩せる方法はいろいろとありますが、自分に合っているものを選ぶのはなかなか難しいものです。自分と相性のいい痩せる方法を探すには、一体どうすればいいものでしょう。


ものの考え方や、生活リズム、体質などから、相性のいいダイエット方法を探しましょう。食事は自炊と外食との比率がどのくらいになっているか、規則正しい生活をすることが可能な環境か、食べ物の好き嫌いやおやつの習慣はあるかなどです。


他にも、性格がどうかもダイエット方法を選択する時には考慮するようにしましょう。ダイエットの手順が複雑な場合、几帳面な人と、アバウトな性格の人とでは、ダイエットの方法を覚えたり、手順を確認する大変さが違います。


やろうと思ったダイエットをできるかも個人差があります。甘味や食欲に弱い人や、意志が続かないような人も、ダイエット方法を選ぶ必要があります。ダイエットの目的や実践する人の性格など、自分のことをいろいろと考えてみて、痩せる方法を選ぶことは、ダイエット成功のためには重要です。



 どんなにいいダイエット方法であっても、自分の考え方や性格と合わなければ、期待どおり痩せることはできません。食欲が強く、意志が弱い人は、カロリー制限でのダイエットは困難です。毎日のジョギングで痩せようとしても、運動自体が好きでなければ、三日坊主で終わります。


食事制限などのダイエットには、どうしても精神的なストレスが掛かるため、継続してダイエットすることは難しいものです。目標に到達するまで、決めたことをやり遂げることが、ダイエットでは欠かせません。


長く続けることができる方法になっているか、ダイエットの方法を考える時には長期的な見落としをしながら、痩せる方法を決めることが大事です。


posted by p-tea at 11:15| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。