2014年12月22日

サプリメントの選択法とは?


どのサプリメントがダイエットに効果的か知るために、比較サイトを活用している方がいます。

ダイエット効果を高めるためのサプリメントは、非常にバリエーションが豊富です。
燃焼系のサプリメントは、食事制限だけでは落とせない皮下脂肪や、内臓脂肪などを落としたい人に向いています。


カロリーカット系のサプリメントは、我慢せずに摂取したカロリーをカットしてくれるので、リバウンド防止にもなります。


デトックス系のサプリメントなら、体重がふえづらい体質になることができます。


排出系サプリメントは肥満体質によって便秘になりがちで、肌荒れが気になるという人におすすめのサプリメントです。



サプリメントの機能によって、どんな方法でダイエットをするかは異なります。どのサプリメントを使えばダイエットに効果的か判別したいという時は、何に着目すればいいものなのでしょう。


サプリメントを探す前に、まず、自分の体はどんな特性があり、脂肪がついた原因は何かを突き止めましょう。


ダイエットをすると、食事制限などで非常にストレスがたまります。ダイエットサプリメントの中には、食欲を抑制する働きのあるものもあります。満腹感を得られ、脳に知らせてくれるので食べ過ぎを防ぐことができるのです。食事量を減らすことが精神的にきついという人に適しています。



サプリメントを選択する時には、ダイエットへにどうつなげるかを考えましょう。成分や効果をしっかりと比較し、効果的に利用できるダイエットサプリメントを選ぶようにすると良いでしょう。


posted by p-tea at 11:41| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

酵素ドリンクダイエットとは?


健康にいいダイエットをしたい人に人気があるものが、酵素ドリンクのダイエットです。

ただ酵素ドリンクを飲むことで体重を減らすことができるという気軽さが、酵素ドリンクダイエットの利点です。では、より効果的に酵素ドリンクダイエットをするためのポイントとは、どんなものがあるのでしょうか。

酵素には代謝をアップする作用がありますが、酵素ドリンクが空腹の状態で摂取したほうがより効果的だといいます。酵素ドリンクを飲む時は、食事の前にするといいでしょう。


何かものを食べる時は、添加物のないものを選びましょう。添加物を多量に摂取してしまうと、添加物の排泄のためにたくさんの酵素が消費されることになってしまいます。



 酵素ドリンクをダイエット目的に使いたいなら、添加物は避けたほうがいいでしょう。添加物は酵素ドリンクにも使われていますが、可能な限り添加物の少ない酵素ドリンクを選んでください。


熱を加えないことも大事なポイントです。酵素はとても熱に弱く、加熱するとなくなってしまいます。ですから、酵素ドリンクは温めたりして、ホットでは飲まないようにしましょう。酵素ドリンクを選ぶ場合にも、非加熱製法で作られたものを選択することも重要なポイントです。



 体にいいダイエットをするためには、健康に役立つ成分が豊富に含まれている酵素ドリンクの摂取を習慣づけることです。そのためにも酵素ドリンクダイエットを行う場合には、なるべく酵素ドリンクの効果が得られるように工夫することが大切です。

posted by p-tea at 10:13| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

リバウンドしないダイエット法とは?


リバウンドのメカニズムがわかれば、ダイエットを行う時にリバウンドを回避しやすくなることでしょう。人体には、摂取したカロリーのうち消費したい分だけを使い、余った分は体脂肪にするというメカニズムを持っています。



 リバウンドを起こさない為には、代謝を下げないようにすることが大切です。そして、カロリーが脂肪になりにくい状態を意識することです。食事制限が主体となるダイエット、単品ダイエットや置き換えダイエットは、そのメカニズム上どうしてもリバウンドしやすい方法です。



 ダイエットがうまくいくには、カロリーを減らすことばかりではありません。カロリー制限はほどほどにしましょう。健康な体を維持するためにはどのくらいのカロリー摂取量がいいかは、性別や年齢、日々の生活でどのくらい体を使うかによります。



 代謝を上げるためには、運動不足を解消するための取り組みが必要です。リバウンドをしない程度の食事の量を維持しながら、ダイエットをしましょう。


精神的なイライラをためながら、食べたいものを食べずにいると、気持ちが続きません。食事制限をしすぎると、いらいらしたり、夜に眠れなくなるという人もいます。


ですから、1週間から10日に1回ぐらいは、好きな物を食べても良い日などを作るなどメリハリがあるダイエットをするとよいかもしれません。



 たくさん食べなくても脳が納得するように、噛む回数を増やしたり、ゆっくり時間をかけて食べるという方法があります。リバウンドのメカニズムを考えると、一口食べたら箸を置くくらいのつもりで、ゆっくり食べると自然と食事の量も少なくなります。


posted by p-tea at 10:50| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

てっとり早く痩せる方法とは?


もしも早く痩せることを目指すなら、運動の方法を考えましょう。
積極的に体を動かし、使うエネルギーを多くすることが、早く痩せる方法です。



 どの運動が長続きして、早く痩せる効果が期待できるものなのでしょうか。
有酸素運動、無酸素運動など、運動の種類はいろいろとありますが、手っ取り早くトレーニングで筋肉をつけてしまうというのも、ひとつの方法といえます。


筋肉がつくと、必然的に基礎代謝がアップする為、体重が落ちやすくなるからです。もし週に数回でも、体を動かす習慣がある人や、仕事上で毎日体を動かしている人は、あまあり運動しない人に比べて、基礎代謝が高くなります。



 てっとり早く痩せる方法としては、運動などで筋肉をつけて、代謝のいい体質をつくることです。早く痩せる方法を摸索するならば、運動による消費カロリーの増加と、食事改善によるカロリーカットは、同時に行うべきことです。



 運動で早く痩せるためには、ウォーキングやジョギング、水泳やサイクリングがいい方法です。ウォーキングは、年齢や性別を問わず気軽にできる運動ですので、しばらく運動をしていなかったという人向きです。


特に用意するものもないので、会社帰りにひとつ手前の駅で降りて、歩いて帰って来るだけで良いのです。早く痩せる運動方法のとして、1度に30分以上、1週間に3~4回はすると、効率が良いと言われています。


なぜ30分以上が良いのかというと、脂肪の燃焼が始まるのは運動を始めてから20分以上過ぎたころと言われているからです。



 運動をして早く痩せるには、血液中に溶け込んでいる脂肪だけでなく、体脂肪もしっかり燃焼させることが大事です。無理なく続けられる運動を続けるという方法が、早く痩せることを可能すると言われています。


posted by p-tea at 11:02| ダイエットの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。